切らないアトピー最新レーザー治療|精美スキンケアクリニック【東京】

東京,江戸川区小岩皮膚科,精美スキンケアクリニック
東京,江戸川区小岩ヒフ科,精美スキンケアクリニックへの無料相談江戸川区小岩皮膚科,精美スキンケアクリニックへの資料請求
精美スキンケアクリニックのスマートフォンサイト
精美スキンケアクリニック
無料メール相談
資料請求
電話でのご相談
診療案内
クリニック紹介
ドクター紹介

世代別症状の違い

一般的には幼少児期に症状がでてきて、その症状は年齢とともに変化していきます。

乳幼児期

乳幼児期には一般的に生後、2〜3ヶ月で発症することが多く、顔面、頭部などにジュクジュクした湿疹を生じますが、これらの湿疹であれば生後1年頃までには自然に治る場合がほとんどです。生後半年頃になると、湿疹は身体のあちらこちらに見られるようになり、特に首やヒジ、ヒザの内側、耳切れや口のまわりにまで及びます。おむつの当たるお尻部分についても、おむつそのものや、糞尿による刺激で高頻度に炎症を起します。

小児期

小児期になると皮疹は乾燥傾向を示すようになり、目や口のまわり、ヒジやヒザのくぼみなどにカサカサした湿疹が見られるようになります。この症状は以前、小児乾燥性湿疹と呼ばれていました。

子供にとっては特に、かゆみが強く、引っかきキズができるほどかいてしまうので患部の炎症がなかなか治まらずに悪循環を繰り返します。小児ではほっぺたに円形の白っぽい病変ができることがあり(通称:ハタケ)、これもアトピー性皮フ炎の一つです。

思春期・成人期

成年期になると、顔、上胸部、上背部、ヒジ付近など上半身を中心に発疹ができます。この時期に突然アトピーの症状が現れる場合もありますが、乳幼児期にいったん治ったアトピーが再発するケースがほとんどです。

この時期のアトピーは、食物性アレルギーや吸引性アレルギーに加え、化粧品や装飾品などによる接触性アレルギーの影響も大きくなります。また、人間関係によるストレスや運動不足、食生活の乱れなど、さまざまな要因が複雑に関与している場合が多いため、治りにくいのも特徴です。ちなみに、風邪をひくと9割の人が悪化するというデータもあります。
クリニックの地図
託児所のご案内 お子様のワキガ お子様のムダ毛治療 お子様のアザの悩み お子様の白斑の悩み お子様のニキビの悩み 院長ブログ メンズ精美 江戸川区小岩の皮膚科へのご連絡 音声案内 未成年の方へ


閉じる